日本地域学会 学会賞

論文賞

年度・回・号  受賞者  タイトル
 1992年度  第1回  論文第1号  福地 崇生  多地域経済(全国多地域,大都市圏域,単一都市多地区等)の相互関連を考慮した計量経済学的モデル分析
 論文第2号  木村 吉男  M-行列の視点に立脚した多地域産業連関分析の研究
 論文第3号  河野 博忠  地域間産業連関プログラミングモデルによる総合交通体系の最適編成
 1993年度  第2回  論文第4号  山村 悦夫  モデル規範適応理論に基づく地域成長の適応過程分析に関する研究
 1994年度  第3回  論文第5号  河上 省吾  多手段交通網の均衡交通需要予測法と公共交通網の計画・運営に関する研究
 1995年度  第4回  該当なし    
 1996年度  第5回  論文第6号  井原 健雄  多地域投入産出分析を主軸とする地域経済構造の理論的実証的研究とその政策的応用に関する研究
 1997年度  第6回  論文第7号  信國 真載  地域開発のための計量的手法の展開と応用
 1998年度  第7回  該当なし    
 1999年度  第8回  論文第8号  徳永 澄憲  A Residential Land Use Model with a General Landownership: Existence and Uniqueness of Equilibrium
 2000年度  第9回  論文第9号  氷鉋 揚四郎  Economical Policies to Relieve Contamination of Lake Kasumigaura
 2001年度  第10回  論文第10号  多和田 眞  地域独占企業に対する規制に関する理論的研究
 2002年度  第11回  論文第11号  宮田 譲  環境・経済統合勘定と一般均衡分析適用に関する研究
 2003年度  第12回  論文第12号  高橋 秀悦  グローカル・エコノミーのマクロ経済分析
 2004年度  第13回  論文第13号  加賀屋 誠一  計画情報がもたらす交通行動特性変化への影響解析に関する研究
 2005年度  第14回  論文第14号  斎藤 参郎  来街地ベース調査によるODパターンの一致推定法の応用―福岡市大名地区での回遊パターンの推定―他
 2006年度  第15回  論文第15号  阿部 宏史  地域産業連関分析による地域経済及び環境負荷の変動要因に関する研究
 論文第16号  有吉 範敏  日本版環境経済統合勘定の開発とその環境政策分析への適用
 2007年度  第16回  論文第17号  伊藤 薫  戦後日本の国内長距離人口移動の決定因の変化―純移動率に対する所得・気候の作用―
 2008年度  第17回  論文第18号  細江 守紀  情報公開と廃棄物不法投棄対策の経済分析
 論文第19号  三友 仁志  情報通信基盤整備の経済効果と利用の高度化に関する研究
 2009年度  第18回  論文第20号  木南 莉莉  中国の経済成長に伴う食料消費行動の変化と食料政策
 2010年度  第19回  論文第21号  萩原 清子  中国都市域の水辺整備の概念と実際―北京市を中心として―
 論文第22号  渋澤 博幸  社会的便益の評価手法に関する研究―技術的伝播拡散の外部性を考慮した一般均衡モデルを用いて―
 2011年度  第20回  論文第23号  宮城 俊彦  リグレット・マッチング理論に基づく行動選択モデル
 論文第24号  Amitrajeet A. Batabyal  Endogenizing the Reservation Value in Models of Land Development Over Time and Under Uncertainty
 2012年度  第21回  論文第25号   藤岡 明房  財政赤字と上からの地方分権
     論文第26号   岡村 誠  国内企業の産業間移動と最適関税率
 論文第27号   佐々木 啓介  投資不確実性下の非営利組織と情報共有―被害除去とリスク回避的投資行動について―
 2013年度  第22回  論文第28号   戸田 常一  都市・地域の持続性確保と振興のための政策研究
 2014年度  第23回  論文第29号  三井 栄  都道府県別製造業・卸小売業・サービス業の生産性と産業集積
 2015年度  第24回  該当なし